ホーム > 診察のご案内

診察のご案内

診察について

当院の診察時間は以下の通りです。(2015年1月より)

  • 平 日    午前9時~12時、午後4時~7時
  • 土曜日    午前9時~12時、午後2時~5時
  • 日曜・祝日  休 診

TEL:(076)289-2168

※現在エキゾチック動物(ハムスター、鳥、うさぎ等)の診察は行っておりません。
※お昼休みの間は手術などがあるため、診察はお休みします。(緊急の場合はお電話ください。)
※継続のお薬、フード等はお渡しできます。

獣医師休日表

料金のご案内

ペットの状態や症状、検査や治療の内容により、料金は大きく異なります。予測される処置や治療の内容をご説明し、今後どのような検査が必要か、また、処置や治療費用を見積もり算出してご提示いたします。

当院の規定による初診料、再診料、診察料、検査料、注射料、薬剤処方料、麻酔料、手術料、入院料など、検査や治療に要した合計金額が診察料となります。獣医師が診察の時点で、予測される処置や治療の内容をご説明し、より詳しい診断をするために、今後どのような検査が必要かその検査にどの程度の費用がかかるのかを算出してご提示いたします。

各種検査によって病気の内容や状態が把握できれば、どのような治療方法があるかをご説明いたします。治療方法についても、どのような治療を行うかについてご説明させていただきます。手術や入院費用、その他高額な治療にかかる費用はペットの状態や病気の経過によっても異なりますが、ある程度の概算を見積もり金額として算出し提示いたします。

検査結果については、その内容を結果データにもとづき詳しくご説明いたします。ご請求時には診療に要した上記のそれぞれの内訳を示した診療明細書をお渡しします。高度な医療や手術、入院治療が必要となる場合には、料金が高額となる可能性があります。獣医師から詳しい説明を受けると共に、よくご理解を頂いた上でご検討下さい。

診療費ご請求明細書を受付にて発行いたします。明細書には飼い主様と ペットのお名前、カルテ番号が記載されており、治療や検査、投薬内容などの診療の個別明細が記載されています。どのような診療行為がおこなわれたのかを詳しく確認することができます。

飼い主の皆さまへ

動物病院には、いろいろな動物がやってきます。お互いに安心して、受診できる様にしましょう。

病院内外で動物を放す行為は大変危険です。

予期せぬ、大きな事故やケンカになる可能性があります。

首輪(胴輪)とリードは必ずつけましょう。

犬をつなぐ事ができます。

猫にとって洗濯ネットは視界も確保でき、落ち着けるようです。

待合室ではキャリーに入ったままお待ちください。

車や外で順番を待っていただいても結構です。

怖がりの子や、病院が苦手な子は、待合室にいるだけでもストレスを感じてしまいます。
受付に声をかけてもらえれば、順番がきた時にお呼びいたします。

うんちやおしっこをしてしまったら、お気軽に声をかけてください。

泌尿器疾患で来院された子はスタッフに声をかけてください。
診察の前に尿検査のため、おしっこをとっていただく場合があります。
待合室のタオルやビニール袋をお使い頂いても結構です。